理念

 

 

フリーズドライとは、一度凍結させた食品を真空状態に置き、あまり熱を加えずに水分を昇華(乾燥)させる技術です。加工後は、水分量が極端に低いので微生物の作用を抑制することが出来ます。その為、不要な添加物を使わずに長期保存することが可能です。食品の味・香り・栄養・形・美味しさまでそのままに乾燥し、長期保存できる。これがフリーズドライ。

食品は加熱のし過ぎで味が劣ることがよく知られています。熱をかけすぎることによって、美味しいと感じる物質が不快に感じる物質に変化したり、美味しいと感じる物質がなくなったりするからです。身近には、風味を尊重するコーヒーなどの乾燥には高熱をかけずに乾燥できるフリーズドライの技術がよく使われています。インスタントコーヒーはフリーズドライの代表格です。高野豆腐も同じような製法です。高熱を加えての乾燥とは違い、熱により変化しやすいビタミン類も損なわずに栄養価の損失も少ないのです。また、水分が低いため非常に軽く、その上常温での長期保存が可能なので、旅行や災害時の備えにもぴったりです。人間とは違い、味付けなどはしない食事をしてきたペットにおいては、食品本来の旨み・香りを残すことが重要であり、食欲をわかせる最大のポイントとママクックは考えます。

クレカ 盗難

ページTOPへ

img